写真:五重塔

五重塔の高さは地上より53m。

五重塔ごじゅうのとう

スリランカ伝来の仏舎利を奉安

朱も鮮やかな五重塔は、昭和48年(1973)に再建された、鉄骨・鉄筋コンクリート造りの塔である。外から見ると、五重塔は地上面から建っているように見えるが、実際は基壇状の建物(塔院)の上に建っている。
 塔は、仏舎利を奉安したインドのストゥーパを起源とする。浅草寺の五重塔の最上層には、スリランカのイスルムニヤ寺院から昭和41年(1966)に奉戴した仏舎利が納められている。
 浅草寺に塔がはじめて建立されたのは、天慶5年(942)、平公雅によるとされる。当時の塔は三重塔であり、本堂に向かって二つの塔が左右に配された、「薬師寺式伽藍」ではなかったかという見解もある。というのも、江戸時代・寛永年間の浅草寺境内図を見ると、当時は、本堂の東側に五重塔、西側に三重塔が建ち、境内に二つの塔が並存していたからである。焼失後、慶安元年(1648)に徳川家光が五重塔を再建するものの三重塔は復興されなかった。
 この慶安の五重塔は本堂の東側に位置し、現在も礎石が残る。江戸時代は、上野寛永寺五重塔、芝増上寺五重塔、谷中天王寺五重塔とともに「江戸四塔」として親しまれた。特に浅草寺の五重塔は、浅草や浅草寺を描いた絵画における必須のモチーフであり、浅草のランドマークであった。
 明治19年(1886)、各所傷んでいた塔を修復することになり、塔のまわりに足場が組まれた。このとき修復の費用を捻出するために、一般の参拝者に足場を登らせた。足場に設けられたスロープ沿いに最上層の屋根部分にまで登れたため、人びとは遥か遠くまでの眺望を楽しんだことだろう。

写真:塔のまわりに足場が組まれた絵
「浅草寺五重塔修復之図」梅堂国政 画。明治19年(1886)、東京府の時代五重塔修理に際しその費用捻出も兼ねて、塔の周りに組み上げた足場を登らせた。

写真:旧五重塔の古写真
旧五重塔の古写真。明治44年(1911)に国宝に指定された。昭和20年焼失。

写真:浅草寺大塔解訳

九輪が曲がった五重塔

江戸時代以前の全国の五重塔は、外観だけ見ると五階建てで登ることができるように思えるが、じつは内部は心柱が通る空洞で、実際には登ることができない。この構造が地震に強いといわれ、浅草寺の旧五重塔も安政2年(1855)の大地震の際には、瓦が落ちた程度で倒壊しなかった。しかし、揺れの影響で頂上の九輪が曲がり、江戸っ子たちは「魔が通った」(「曲がった」の語呂合わせ)と語り合った。絵図の「浅草寺大塔解訳」は、九輪のみ曲がったことをよく示している。

建物概要

位置 本堂の西南
構造 鉄骨、鉄筋コンクリート
塔高 48.32m(地上、53.32m)
九輪高 15.07m
初層幅 7.50m四方
屋根瓦 写真:百躰観音像
※なお、旧塔の三層西南の稚児棟の羊角猿面瓦は、新塔でも旧塔に模して葺かれている
面 積 土瓦風アルミ合金瓦
塔院 1723.12m2
屋上(牌殿)1,195.58m2
延面積 6,216.23m2

五重塔院

地鎮式 昭和43年(1968)10月17日
着工式 昭和45年(1970)10月17日
(第一期工事) 塔完成 昭和48年(1973)11月1日
上棟式 昭和46(1971)11月25日
  写真:聖仏舎利(せいぶっしゃり)聖仏舎利(せいぶっしゃり)
塔最上層の第五層に奉安
昭和41年(1966)3月18日、スリランカ国、 イスルムニア寺院より正式に請来された。
仏舎利とは、お釈迦さまのご遺骨のこと。
牌殿 写真:百躰観音像百躰観音像
塔の四方を囲うように霊牌殿が設けられている。霊牌殿1室(区画)ごとに一躰の聖観世音菩薩を安置し、その周囲にご信徒各位の永代供養位牌を奉安する 。非公開。
永代供養の受付は終了いたしました。
写真:百躰観音像正面に阿弥陀三尊仏が安置され、永代供養位牌が奉安される。
その他施設 現在は1階が寺務所となっており、大・小会議室などを備える。
法要 牌殿の参拝日は毎月15日及び、春秋彼岸、7月お盆。また、釈尊の三聖日である、2月15日(涅槃会)、4月8日(仏生会・花まつり)、12月8日(成道会)の三日は牌殿の参拝及び五重塔最上層聖仏舎利の参拝日。
五重塔牌殿の参拝は、原則として、永代供養を申込まれたお施主様及びご親族様に限らせていただきます 。
毎日回向法楽 毎月1日、三聖日は大法要
建立小史 天慶5年(942)平公雅建立
長久2年(1041)大震災にて倒壊。その後詳細不明
寛永元年(1624)修復、同8年炎上、同12年再建、同19年炎上
慶安元年(1648)徳川家光再建。元禄5年(1692)修復
享保4年(1719)、明治19年(1886)修復
明治44年(1911)国宝指定
昭和20年(1945)3月10日 東京大空襲にて炎上
昭和48年(1973)11月1日 塔院とともに再建

新奥山 本堂 二天門 お水舎 弁天山 影向堂 銭塚地蔵堂 薬師堂 淡島堂 宝蔵門 五重塔 伝法院 仲見世 雷門 鎮護堂