お知らせ
INFORMATION

 

第784回仏教文化講座の
おしらせ

入場無料 《事前予約制》

日時:8月26日(木)午後2時~(開場午後1時~) 会場入口の三密を避けるため、開場時間以降にご来場ください。
場所:丸の内マイプラザ4階 ホール
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目1番1号
新型コロナウィルス感染症の影響によりやむを得ず予定を変更(会場変更・中止等)させていただく場合があります。何卒ご了承下さい。
ソーシャルディスタンスの確保のため、事前予約の定員制とさせていただきます。

※7月24日(土)午前10時より受付開始
受付電話番号 03-3842-0707 (平日10時~16時)

お掛け間違いにご注意下さい。
※受付は電話受付のみ、ご本人1名分とさせていただきます。

ご来場に際してのお願い

  • ご来場前に検温を実施していただきますようお願いいたします。
  • 会場入口に設置しております、手指消毒をした上でご入館いただきますようお願いいたします。
  • 来館の際には必ずマスクの着用をお願いいたします。
  • 来館者さま同士との距離(ソーシャルディスタンスの確保)を十分取っていただきますようお願いいたします。
  • 会場での私語はお控えいただきますようお願いいたします。


地下鉄ご利用の場合
千代田線 二重橋前駅、皇居・二重橋前方面改札より 3番出口 直結
JRご利用の場合
JR東京駅 丸の内南口 徒歩5分
JR有楽町駅 国際フォーラム口 徒歩5分
なお、近隣の日比谷駅・大手町駅・有楽町駅等からも
徒歩でご来場いただけます。右記案内図をご参照ください。
※地図をクリックすると大きな詳細地図が開きます(PDF112kb)


第1講座(午後2時)

食文化から生まれた医療~医食同源の思想史~

茨城大学名誉教授
日本医史学会常任理事
真柳 誠氏

チンパンジーやゴリラなど、大型類人猿の薬草による自己治療行動が近年知られてきました。ヒトも有史以前から薬草による医療を行っていたのは疑いありません。薬草の効果は食物を探すときに見いだされ、スパイスのように薬用できる食物もあります。
一方、ヒトは日々の食事に満腹感のみならず、味覚・嗅覚・美感・食感なども求め、多彩な食文化を古代から育んできました。そして食物の採取・保存・加工・調理などの知識と技術は、薬草の採取・保存・加工・調剤にも利用されてきました。すなわち古代から現代にいたる世界中の伝統医療/医学は食文化から生まれ、その影響を連綿として受け続けてきました。
こうした医食同源の興味深い思想と歴史を、古代メソポタミアや中国から出土した文献もふくめて真柳先生にお話しいただきます。

第2講座(午後3時)

伝教大師一千二百年大遠忌を迎えて

大正大学特任准教授
木内 堯大師

本年は天台宗の開祖である伝教大師最澄の一千二百年大遠忌にあたります。本講座では、伝教大師の生涯と思想をたどりながら、その革新的な構想と、後の日本仏教に与えた大きな影響について、史料をもとに木内先生にお話しいただきます。

お問い合わせ先・主催者

  • 金龍山 浅草寺
  • 〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
  • 浅草寺 03-3842-0181