お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 宝の舞

    宝の舞

    当山の寺舞には「金龍の舞」「白鷺の舞」と「宝の舞」がある。いずれも当山の縁起や歴史に因むものである。
     このうち「宝の舞」が5月5日に行われた。昭和47年(1972)に創始されたこの舞は、浅草寺幼稚園園児たちが浅草寺のご本尊を感得された檜前浜成・竹成兄弟に扮し、七福神を象徴する宝舟を曳き、境内を歩み行くものである。本堂脇では一山住職により寺舞に対するお加持も行われ、華やかながらも荘厳さも併せ持つ舞である。
     可愛らしい姿の園児たちが繰り広げる歴史絵巻は、ゴールデンウィーク中で賑わう境内に、一層華を添えていた。