お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 本尊示現会

    本尊示現会

    今を遡ること約1400年前の推古天皇36年(628)3月18日、浅草の漁師檜前浜成・竹成の兄弟が隅田川で一体のお像をすくい上げた。お像が観音さまであることを知った地元の名士土師中知によりこの観音像は丁重にお祀りされ、これが浅草寺の草創となった。また観音さまをお祀りした土師中知と檜前兄弟は後に「三社さま」として当寺の隣にお祀りされ、これが浅草神社の創建である。
     毎月18日は観音さまのご縁日として広く知られ、浅草寺にも多くのご信徒がお参りされているが、特に3月18日は「示現会」として盛大に観音さまへのご供養がなされ、お参りされる方が多い。この示現会の1日のみ、浅草寺では「紅札」と呼ばれるご祈祷札がお授けされる。
     示現会の前日にあたる3月17日夕刻、三社さまをお祀りした神輿が浅草神社より浅草寺本堂へ「堂上げ」され、示現会当日の3月18日朝に「堂下げ」され浅草神社にお帰りになった。この後の午後2時より本堂では貫首大僧正大導師の下、一山住職が出仕して示現会の法要が厳修された。
     また、この日には浅草寺の寺舞の一つ「金龍の舞」の奉演もなされた。華やかな舞はご参詣の方々の目をひときわ楽しませていた。