お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 四万六千日

    四万六千日

    7月10日は「四万六千日」と称される功徳日の1つである。この日に観音さまに参拝すると46,000日分(約126年)のお参りと同等の功徳が得られるとされ、江戸時代以来多くの参詣者で賑わい続ける日である。前日の9日とともに2日間がご縁日とされ、この両日のみお授けされる「雷除」のお札は長きにわたり天災や災難からご参詣の方々をお守りくださっている。本年は3年ぶりに境内に「ほおずき市」が復活し、両日にわたり境内はご信徒の皆さまで大変な賑わいとなった。