お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 万霊燈籠供養会

    万霊燈籠供養会

    第2次世界大戦終戦の日である8月15日には、毎年本堂において夕刻、戦災殉難者追悼とお盆の回向の為に万霊燈籠供養会が営まれる。元々は戦没者慰霊の為の「流燈会」として、終戦翌年の昭和21年(1946)に始まった法要である。昭和41年(1966)までは隅田川への燈籠流しも行われていた。

    現在はご信徒がお申し込みになった燈籠が本堂外陣の施餓鬼壇の前に整然とお祀りされ、供養法要が執り行われている。本年も法要の開始とともに燈籠が灯され、内陣にて一山住職総出仕による総回向の法要が厳修された。その後外陣にて灯された燈籠の間を一山住職が散華行道し、施餓鬼壇において供養が行われた。続いて全ての燈籠が本堂裏(北側)に運ばれ、参詣者が合掌をもって見守る中、焚焼供養が行われた。

    本年は2月にロシアによるウクライナ侵攻が始まり、世界は再び戦争の惨禍に見舞われている。他の地域でも各国の軍事演習が頻発するなど、世界は未だ紛争の種を抱えている状況である。当山として、終戦の日にあらためて一日も早い真の世界平和の到来を観音さまにお祈りする次第である。