お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 山家会法華八講

    山家会法華八講

    山家会法華八講

    日本天台宗の祖で比叡山延暦寺を開かれた伝教大師最澄さまは、弘仁13年(822)6月4日、比叡山において入寂され、本年はご遷化後1200年である。ご忌日の前日6月3日と当日6月4日に厳修される山家会法華八講は、山家大師とも称される最澄さま追善の論義法要である。天台宗の流れを汲む聖観音宗浅草寺においても、最澄さまのご遺徳を讃嘆すべく本年も2日間にわたりこの法要が営まれた。
     法要中、本堂内陣の観音さまのご宝前には最澄さまの大師像が安置される。法要は法華経の内容について講師が解釈を述べ、それに対して問者が問難(質問)を投げ掛ける形で行われる。講師と読師は法華経の並べられた「八講壇」の高座に登り、問者は畳の上から問難を行う。講師は問難に応答し、問答形式となる。2日間で問答は一之座から八之座までの八箇座にわたる。
    2日目の最初を飾る「五之座」では、問答の前に法華経第5巻の提婆達多品に基づく法歌になぞらえた「薪の行道」が行われる。これは薪と水桶を担う僧侶が式衆とともに八講壇の周りを歩み、経典の功徳を讃えるものである。八之座の問答の後、『伝教大師和讃』と最澄さまのご名号「南無根本伝教大師福聚金剛」がお唱えされ、2日間にわたる法要は締めくくられた。