お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 奉納揮毫

    奉納揮毫

    4月3日、五重塔院前を会場として、昨年に続き「和プロジェクトTAISHI」主催による奉納揮毫が行われた。この団体は書をもって「和の精神」を国内外に広め、地域活性化や平和活動を行っている。この日は聖徳太子が十七条の憲法を制定した日であるため、書家の腰原佳恵氏により十七条の憲法第9条の「信是義本」(信は是れ義の本なり)と、浅草寺に因む松尾芭蕉の句「花の雲 鐘は上野か 浅草か」の2点が力強い筆使いで揮毫された。当日はあいにくの雨であったが、多くのご信徒が染筆を見守り、世界が平和となるよう思いを新たにしていた。