お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 宝蔵門ライトアップ機器更新

    宝蔵門ライトアップ機器更新

    江戸開府400年記念事業として、「輝く21世紀の浅草」のスローガンのもと浅草のイメージアップを目指し、平成15年(2003)より浅草寺のライトアップが始められた。この度、機器の劣化がみられていた宝蔵門の照明機器の更新工事が8月10日~18日の期間で行われた。雷門や五重塔のライトアップにも携わった東京国立博物館の木下史青先生監修のもとLED機器に一新され、夜の境内を彩る灯りが輝きを増した。諸堂が鮮やかに浮かび上がる夜の浅草寺にも是非、お参りいただきたい。