お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 山家会法華八講

    山家会法華八講

    日本天台宗の祖である伝教大師最澄さまは、弘仁13年(822)6月4日に、比叡山において入寂された。そのご忌日および前日の2日に亘り厳修される山家会法華八講は、山家大師とも称される最澄さまの追善として営まれる法会である。聖観音宗総本山である浅草寺においても、本坊である伝法院の修繕工事中の法要は本堂にて厳修されている。
     この法要は、法華経に関する問答を通して進む。道場に法華経が並べられた「八講壇」が設けられ、講師と読師が高座に登って対面し、問者と講師との間で法華経の内容について問講された。また、法華経第五巻の提婆達多品に基づく法歌になぞらえ、薪と水桶を担う僧侶が、式衆とともに壇の周りを歩む「薪の行道」が行われ、経典の功徳が讃えられた。法要の最後には『伝教大師和讃』が唱えられ、あらためて最澄さまのご遺徳が讃嘆された。