お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 宝蔵門大谷米太郎氏月忌法要

    宝蔵門大谷米太郎氏月忌法要

    仲見世と本堂との間に建立された宝蔵門は、阿形吽形の2体の仁王像が安置されていることから、かつては仁王門と呼ばれていたが、昭和20年(1945)に戦災で焼失した。その後、同じく戦災で焼失した経蔵の機能も兼ねて、昭和39年(1964)に「宝蔵門」と名を変えて再建され、内部には国の重要文化財である「元版一切経」などの伝来の経典や寺宝が収蔵されている。
     5月1日、この宝蔵門の再建に際しご尽力を賜わった大谷米太郎氏(ホテルニューオータニ創業者)の月忌法要が、貫首大僧正大導師のもと厳修された。