お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 鎮護大使者御祭礼

    鎮護大使者御祭礼

    伝法院通りに面している鎮護堂は、通称「お狸さま」と呼ばれている。
     現在でも狸塚・狸穴の地名があることからも伺えるように、江戸時代には狸の生息地が各所にあった。明治維新で彰義隊と官軍が上野の山で戦った時に逃げ出した狸が浅草奥山に棲みつき、色々といたずらをするので困っていた。時の住職であった第17世貫首唯我韶舜大僧正の夢枕に狸が立ち「自分たちを保護してくだされば伝法院を火災から守りましょう」というので、明治16年(1883)に鎮護大使者として祀ったといわれる。以来、毎年3月17日に鎮護大使者御祭礼が行われている。火防・盗難祈願のほか、狸を「他を抜く」という語呂としてとらえて、特に落語家や歌舞伎役者など、芸能関係者の信仰が篤いことでも知られている。