お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 法華八講論議公演

    法華八講論議公演

    2019.12.01

    11月14日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂において公益財団法人仏教伝道協会による第19回仏教音楽祭「能・狂言と仏教の夕べ」が上演された。これは、「能楽」と、能楽のルーツとされる「論議(声明)」を通じて、日本人の奥底を流れる仏教精神・日本的情感に触れるといった公演で、その中で当寺の僧侶が天台会当日に厳修する「法華八講論議五之座」を公演した。普段なかなか接することのない日本の伝統文化に触れる機会とあって、多くの観客がその魅力を再認識した。