お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 日本仏教社会福祉学会第54回学術大会

    日本仏教社会福祉学会第54回学術大会

    2019.10.01

    日本仏教社会福祉学会第54回学術大会

    日本仏教社会福祉学会は、社会福祉問題と仏教との関係を考え、仏教者による専門的・実践的な普及啓発支援を検討する学会である。9月10日と11日の2日間、「寺院による福祉活動」のテーマで浅草寺を中心とした浅草の地域特性を踏まえた福祉実践の在り方を考えることを目的とした第54回学術大会が浅草寺において開催された。
     午前中に貫首大僧正大導師による学会物故者追悼法要が行われ、午後より大会実行委員長の浅草寺福祉会館主任平田真紹師の総合司会のもと、学術大会を開会した。初日は五重塔院内にて「江戸と浅草寺~都市と寺院の接近プロセス~」という題目で浅草寺教化部執事・勧学所長である壬生真康師による基調講演のほか、有識者による浅草寺を中心とした寺院による福祉活動をテーマとしたシンポジウムが行われた。2日目は会場を浅草寺福祉会館に移し、研究発表分科会が終日行われた。本大会により各地域での仏教社会福祉活動の益々の発展を祈る次第である。