お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 節分会

    節分会

    2019.03.01

    2月3日は節分である。立春は旧暦の正月と日が近いため、江戸時代以降、新年を祝うとともに厄払いを行う特別な日として、立春の前日が節分として定着していった。当寺は、江戸市中で大々的に節分行事を行った最初の寺とされている。
     当日、正午と午後2時に節分会法要は行われ、本堂東側の特設舞台にて、年男たちが豆撒きを賑々しく行った。
     当寺では、観音さまの前に鬼はいないことから、「千秋万歳福は内!」の掛け声のもと、舞台から次々に福豆が打たれた。その後、七福神の舞「福聚の舞」が奉演され、さらには浅草ゆかりの芸能人による豆撒きも行われ、終日賑やかな雰囲気に境内は包まれていた。