お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 針供養

    針供養

    2019.03.01

    針供養とは、古針や折れた針を供養し、針仕事の上達、無事を祈る風習である。全国の淡島明神をお祀りする寺社において、2月8日(あるいは12月8日)に行われる。当寺では淡島堂において供養法要が執り行われ、日頃針仕事に携わるご信徒は、予め用意された大きな豆腐に針をさし、その苦労を労った。また御詠歌金龍講による御詠歌が境内で奉詠され、とても厳かな淡島堂が華やかな雰囲気に包まれていた。