お知らせ
INFORMATION

 

ニュース

  • 宝の舞

    宝の舞

    2017.06.01

    当山の寺舞には、「金龍の舞」と「白鷺の舞」、そして「宝の舞」があり、いずれも当山の歴史に因み、奉演を楽しみに訪れるご信徒も多い。
     5月5日の端午の節句、「宝の舞」が行われた。この舞は昭和47年5月に創始され、浅草寺幼稚園の園児たちが、ご本尊さまを感得した漁師の檜前浜成・竹成兄弟に扮し、七福神を象徴する宝舟を曳き、境内を歩み行く。かわいらしい姿の園児たちが力をあわせて福をもたらす舟を曳く姿に参拝の方々も目を細めた。