今月のお知らせ
三社祭
(さんじゃまつり)

5月13日(金)・14日(土)・15日(日)
・13日(金)午後1時 大行列 ※雨天中止
(木遣りを先頭にびんざさら舞・白鷺の舞などの練行列)
浅草組合→六区ブロードウェイ→雷門→仲見世→浅草神社(予定)
・14日(土)氏子各町神輿連合渡御 正午~午後2時(本堂裏発進)
・15日(日)本社神輿 宮出し・渡御・宮入り

浅草寺本尊聖観世音菩薩の感得・奉安に関わった檜前浜成・竹成兄弟と土師中知の3人を祀る浅草神社。旧名は「三社権現社」であり、今もその祭りは「三社祭」と呼ばれている。浅草が祭囃子と祭礼提灯に彩られる中、金曜日には「大行列」、土曜日には氏子44ヶ町会の神輿百余基による「連合渡御」、そして日曜日には本社神輿3基の「宮出し・渡御・宮入り」が行われる。

三社祭


銭塚地蔵正五九
(ぜにづかじぞうしょうごく

5月24日(火)午後3時 於 銭塚地蔵堂(本堂境内西側)

六地蔵尊の下に寛永通宝が埋められていると伝わる銭塚地蔵堂。毎月の「4のつく日」と、正・五・九月の各24日には地蔵尊ご縁日法要が営まれる。

銭塚地蔵正五九

正五九大護摩供
(しょうごくおおごまく

5月28日(土) 午前10時 於 本堂(内陣東側不動尊ご宝前)

毎朝勤行時に本堂不動尊ご宝前にて護摩供が修されている。特に、正・五・九月の各28日の不動尊ご縁日には、一山住職総出仕による大護摩供が修され、ご信徒の所願成就と万民豊楽が祈念される。

正五九大護摩供

仏教文化講座
第726回
5月24日(火) 新宿明治安田生命ホール(新宿駅西口)
午後1時開場 入場無料 申込不要

第1講座(午後2時)
落語
落語芸術協会真打落語家
桂 枝太郎師匠

第2講座(午後3時)
日本のやきものの魅力 ~理想郷を求めて~
学習院大学文学部教授
荒川 正明氏

仏教文化講座


〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.