影向堂
  観音さまのお説法やご活躍に不断に協力されている仏さま方を「影向衆(ようごうしゅう)」とお呼びし、これらの仏さまをおまつりするお堂。
  旧影向堂は、現淡島堂で二天門の脇にあった。現在のお堂は、平成6年(1994)、浅草寺中興開山慈覚大師円仁(えんにん)さまのご生誕千二百年を記念して建立された。鉄筋コンクリート寄棟造り、錣(しころ)屋根本瓦葺。内陣須弥壇(しゅみだん)中央に聖観世音菩薩、その左右に生れ年(干支)ごとの守り本尊八躰をまつる。
  堂内には浅草名所(などころ)七福神の内の大黒天をお祀(まつ)りし、また浅草寺の御朱印所も併設されており、ご朱印をお求めになるご信徒の方々も大勢お参りになる。
影向堂全景

歴史 本堂東南にあったお堂(現淡島堂)に替わって平成6年(1994)10月20日現在地に落慶
鉄筋コンクリート寄棟造、錣屋根本瓦葺 間口13.3m・奥行13.3m・棟高12.9m・軒長19.7m
棟飾り 棟飾り
金箔押の「鴟尾(しび)」。長さ0.7m・高さ0.8m・幅0.3m 「阿吽(あうん)」の龍がそれぞれ浮彫りされている。鴟尾を取り付ける時には、不思議と雨を呼ぶといわれている。平成6年(1994)の夏は記録的な日照りの年であったが、この鴟尾を取り付けるとその直後から大雨となった。
奉安仏
(九尊仏)
中尊の聖観世音菩薩と生まれ年十二支守本尊の八躰仏
聖観世音菩薩 中尊
聖観世音菩薩
(縁日18日)

千手観音 子年
千手観音
(縁日17日)
  虚空蔵菩薩 丑寅年
虚空蔵菩薩
(縁日13日)
文殊菩薩 卯年
文殊菩薩
(縁日25日)
  普賢菩薩 辰巳年
普賢菩薩 
(縁日14日)
勢至菩薩 午年
勢至菩薩
(縁日23日)
  大日如来 未申年
大日如来 
(縁日28日)
不動明王 酉年
不動明王
(縁日28日)
  阿弥陀如来 戊亥年
阿弥陀如来
(縁日15日)
大黒天


「浅草名所(などころ)七福神」の内、浅草寺では「大黒天」をお祀りしている。大黒天は元々インドや中国で寺院の守護や豊穣を司っていたが、日本では袋を背負い俵に乗る柔和な姿となる。大黒天のご朱印も堂内にてお求めになれる。

法要 毎日本堂朝座勤行後法楽修行、毎月1日は本堂10時の法要後。7月7日には、午前10時より大法要を営む。

影向堂境域案内
阿弥陀如来


元禄6年(1693)4月造立。唐銅製。高さ1.8m
当初は阿弥陀三尊であったが今は中尊のみ現存。
もと本堂裏築山にあったものを、平成6年(1994)の境内整備にともない現在地に移す。
阿弥陀如来とは、無量光如来とも呼ばれ、西方極楽浄土に住まい、慈悲の光で世界をあまねく照らし、我々をお救いくださる仏さまである。

宝篋印塔
宝暦11年(1761)9月建立。唐銅製。高さ4.5m、基礎石を含み総高7.5m余り。千人近い信徒のご寄進によって建立され、明治40年(1907)4月21日に再建。
「宝篋印塔(ほうきょういんとう)」とは、『宝篋印陀羅尼』という経典を収めたことに由来する仏塔で、日本では主に石塔婆の一つの形式として盛んに造立された。この塔にお参りする者は、計り知れない功徳を得るという。
石橋
元和4年(1618)東照宮の神橋として架設された。
全長3.3m・幅2.2m、小松石造(都内最古の石橋、重美)
六角堂 六角堂
室町時代(16世紀頃)の建立とされる。木造単層六角型造。
本尊は日限(ひぎり)地蔵尊で、日数を決めて祈るとその願いが叶うとされる。
(都内最古の木造建造物、東京都指定文化財)
諸堂マップへ戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.