宝蔵門(仁王門)
  『応永縁起』によると、安房守平公雅(たいらのきんまさ)が武蔵守に補任された天慶5年(942)、その祈願成就の御礼として建立された。
  以来、数度の火災により炎上するも、その都度再建された。
  鎌倉時代から江戸初期にかけては、あまり変化はなかったが、その後、徳川家光により再度の寄進建立が行われ、本堂と仁王門が慶安2年(1649)12月23日落慶、元禄5年(1692)に京都の曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)良尚法親王ご染筆の「浅草寺」の扁額がかけられた。その後、昭和20年(1945)3月10日の戦災に遭うまで平穏無事だった。
  現在の門は浅草寺の山門として、内部三層のうち上部二層に近代的防災設備を施した収蔵室を設け、浅草寺の什宝物収蔵の宝蔵門として大谷重工業・ホテルニューオータニ創始者の大谷米太郎氏のご寄進により復興再建された。
宝蔵門全景

地鎮式 昭和36年(1961)12月20日
完成 昭和39年(1964)4月1日 上棟式
収蔵庫 昭和37年(1962)7月25日 什宝物を収納する
大わらじ

大わらじ 写真高さ 4.5m・幅 1.5m、重さ 500kg、藁 2,500kg使用。山形県村山市有志より平成20年(2008)10月奉納〔昭和16年(1941)の初回以来、7回目〕
わらじは仁王さまのお力を表し、「この様な大きなわらじを履くものがこの寺を守っているのか」と驚いて魔が去っていくといわれている。

大提灯 高さ 3.75m・幅 2.7m、重さ 450kg。 日本橋小舟町奉賛会より平成26年 (2014)10月奉納掛け換え(4回目)
吊灯籠 高さ 2.75m、重さ 1.000kg 銅製。魚がし講より昭和63年(1988)10月奉 納掛け換え(2回目)
「浅草寺」額 京都・曼殊院門跡の良尚法親王筆の模写

宝蔵門・仁王門 新旧比較
  旧(仁王門) 現(宝蔵門)
構造 木造 鉄骨・鉄筋コンクリート
様式 入母屋造
五間三扉重層門
入母屋造
和様三手先五間三扉重層門
外部塗装 漆塗仕上 合成樹脂塗装
新設備   上層に収蔵室・警報装置
下層桁行 20.8m 21.1m
上層桁行 19.8m 20.0m
下層面積 161.4m(48.9坪) 173.6m(52.6坪)
中二層面積   173.6m(52.6坪)
上層面積 134.6m(40.8坪) 144.5m(43.8坪)
総面積 296.0m(89.7坪) 492.0m(149.2坪)
総高 22.5m 21.7m
楼内安置仏 文殊菩薩像
多聞天・持国天
墨絵の雲龍(天井)
鳳凰及び迦陵頻伽
釈迦如来像(平安時代)
四天王像 (持国天・増長天・広目天・多聞天)
風神・雷神像

仁王尊像(木曾檜造り 重さ 各約1,000kg)
  阿形像(左)
阿形像
吽形像(右)
吽形像
製作期間 昭和37年(1962)1月~
39年(1964)3月
昭和37年(1962)1月~
39年(1964)3月
彫刻 錦戸新観 村岡久作
彩色 磯貝玉州 磯貝勝之
身長 4.54m(総高5.45m) 4.93m(総高5.45m)
※仁王尊のご縁日は毎月8日。身体健全、災厄除、虫封じ、疱瘡除の守護神。所持の武器は金剛杵、インドの古代武器の一種で堅固不壊でありよく物を摧破するの義、すべての煩悩を破る菩提心の象徴。
諸堂マップへ戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.