弁天堂
 

 本堂の東南、弁天山と呼ばれる小高い丘に建つお堂におまつりする弁天さまは、白髪のため「老女弁財天」と呼ばれ、「江の島」(神奈川県藤沢市)、「布施」(千葉県柏市)とともに関東三弁天の一つに数えられる。縁日の「巳(み)の日」にお堂の扉を開き、法楽が営まれる。
 お堂に向って右手前の鐘楼の鐘は、元禄5年(1692)第5代将軍徳川綱吉(1646~1709)の命により下総国関宿藩主牧野成貞が金200両を寄進、改鋳されたものである。江戸時代の「時の鐘」の一つで、松尾芭蕉(1644~94)の句「花の雲 鐘は上野か 浅草か」で有名な鐘である。
  鐘楼は昭和20年(1945)3月の東京大空襲で焼失し、昭和25年(1950)に再建されたものであるが、鐘は幸いにも無事に残り、現在でも毎朝6時に役僧によってつき鳴らされる。

弁天堂全景
建立 本堂の東南方の弁天山と呼ばれる小丘の上に建つ。鉄筋コンクリート造り、昭和58年(1983)3月再建。
本尊 本尊
老女弁財天 小田原北条氏の信仰が篤かった。関東三弁天の一つ(他に神奈川県藤沢市の江の島・千葉県柏市の布施)。
ご縁日 巳の日の午前10時、午後2時 弁財天供養法と法楽
梵鐘 元禄5年(1692)5代将軍徳川綱吉の命により改鋳された。
龍頭鐘身総高2.12m・口径1.16m
江戸時代の「時の鐘」
鐘楼 鐘楼
昭和25年(1950)5月再建 入母屋造り
(現在は、毎朝6時及び年末の除夜の鐘のみ点打)
芭蕉の句「花の雲 鐘は上野か 浅草か」で有名な鐘である。
諸堂マップへ戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.