よくある質問
Q1 宗派はなんですか?
Q2 “浅草寺”はどう読むのですか?
Q3 ご本尊さまはなんですか?
Q4 ご本尊さまのお姿を拝めないのですか?
Q5 雷門は浅草寺の何になるのですか?
Q6 “おみくじ”について教えて下さい。
Q7 お写経をしたいのですが…
Q8 浅草寺は巡礼の札所ですか?
Q9 浅草寺のバリアフリーについて教えて下さい。
Q10 人形の供養をして欲しいのですが…

Q1 宗派はなんですか?
聖観音宗(しょうかんのんしゅう)です。
昭和24年(1949)までは天台宗でしたが、その後、昭和25年(1950)より聖観音宗となりました。
Q2 “浅草寺”はどう読むのですか?
“せんそうじ”と読みます。“あさくさでら”ではありません。
お寺の名前は習慣として音読みで読むことが多いのです。
Q3 ご本尊さまはなんですか?
聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)さまです。
本堂の御宮殿(ごくうでん)の中にお祀(まつ)りされております(御秘仏(ごひぶつ))。
ご参拝の際には合掌して「南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)」とお唱え下さい。
Q4 ご本尊さまのお姿を拝めないのですか?
ご本尊さまと御前立本尊(おまえだちほんぞん)さまは御秘仏ですが、御前立本尊さまに限り、年に一度・12月13日午後2時に限りそのお姿を拝めます。〔御開扉(おかいひ)法要・12月13日午後2時〕
▲top Q5 雷門は浅草寺の何になるのですか?
雷門は浅草寺の入り口にあたる「総門」です。
Q6 “おみくじ”について教えて下さい。
浅草寺のおみくじは「観音百籤(かんのんひゃくせん)」というものです。
おみくじは比叡山延暦寺の良源僧正(慈恵大師または元三大師ともいう)によって日本に広く普及されたとされ、浅草寺にも伝えられました。
「浅草寺のおみくじは凶が多い」とよく言われますが、古来の“おみくじ”そのままです。また凶が出た人もおそれることなく、辛抱強さをもって誠実に過ごすことで、吉に転じます。凶の出た人は観音さまのご加護を願い、境内の指定場所にこの観音百籤を結んで、ご縁つなぎをしてください。
Q7 お写経をしたいのですが…
授物所にて「観音経写経本」のおすすめをしております(郵送もいたします)。
また、浅草寺では“写経の会”をはじめ、様々な会講があります。
ご興味のある方は『各会講のご案内』をご覧ください。
Q8 浅草寺は巡礼の札所ですか?
坂東三十三観音札所第十三番・江戸三十三観音札所第一番です。
境内西側の影向堂に御朱印所がございますのでご利用ください。
皆様とご一緒に札所を巡る“無畏参拝団(むいさんぱいだん)”という巡礼の会もございます。
Q9 浅草寺のバリアフリーについて教えて下さい。
本堂向って左側にエレベーターがございます。階段に不自由のある方にご利用いただいております。
また、境内は平坦で、段差の解消にも取り組んでおります。
▲top Q10 人形の供養をして欲しいのですが…
浅草寺では人形供養は受け付けておりません。
浅草寺末寺の大観音寺(03-3667-7989 日本橋人形町)をご案内しております。

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.