写経供養会
日程 10月29日
場所 本堂
行事日が近づきましたら、「今月のお知らせ」にて詳細を掲載する予定です。
 昭和20年(1945)の東京大空襲によって本堂(観音堂)が焼失した後、多くのご信徒の浄財と協力を得て昭和33年(1958)に現本堂が再建されました。これを機会に、浅草寺では『観音経』(偈文)の写経を呼びかけ、現在は「百萬巻奉納写経」として、『観音経』の百萬巻の奉納を目指し、一般ご信徒にお勧めしております。
  毎年10月29日に執り行われる写経供養会は、この一年間浅草寺に納められた百萬巻写経を始めとした写経の浄写者各位の所願成就を祈念して、ご宝前(ほうぜん)に奉納された写経を奉安し「十種供養」という法要をもって供養するものです。
  古くから写経には「一字一仏(一字一字を仏さまのお姿として書写する)」、「一字三礼(一字書くたびに三度の礼拝をする)」といった言葉があるように、一巻を書き終えるまでの苦労(苦行)や心構えが何よりも大切とされています。また『法華経』の中の「法師品(ほっしほん)」には「受持(じゅじ:経典に対する信心を受持すること)・読(どく:経典を見て読むこと)・誦(じゅ:経典を暗唱すること)・解説(げせつ:経典の内容を他者に解説すること)・書写(しょしゃ:写経)」という5種類の修行が説かれ、なかでも写経の功徳は計り知れないとされております。
  浅草寺ではこの偉大な修行の成果である写経に対し、優雅な琴の伴奏が流れるなか、同じく「法師品」に説かれる「経巻供養」のための十種〔華(はな)・香(こう)・瓔珞(ようらく)・抹香(まっこう)・塗香(ずこう)・焼香・幡蓋(ばんがい)・衣服(えぶく)・伎楽(ぎがく)・合掌〕の供物を、美しい着物で着飾った10人の稚児(十童子)が捧げ、古式豊かな法会をもって供養いたします。
  なお、「百萬巻奉納写経」用紙は本堂・参道の各お守授与所で授与しております。また、遠方の方には郵送による授与もしております。お問合わせは浅草寺教化部までご連絡下さい。
 

本堂の法要前には、淡島堂境内にて「写経供養塔」の法要が営まれます。 ご宝前にご信徒各位から納められた写経が奉安される。 浄写者各位の所願成就が荘厳な雰囲気の中で願われる。
法要中には琴の美しい弾奏が行われる。 色鮮やかな衣装に身を包んだ稚児(十童子)たち。 美しく着飾った10人の稚児によって、十種の供物がご本尊さまに供えられる。
年中行事の一覧に戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.