新年大祈禱会
日程 元旦~1月7日
場所 本堂
行事日が近づきましたら、「今月のお知らせ」にて詳細を掲載する予定です。
 新年を迎え、旧年への感謝ならびにこの先1年の無事や招福、五穀豊穣などを祈るため、神仏に詣でることを「初詣」といいます。浅草寺のご本尊は「聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)」さまですから「南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)」とお唱え下さい。
  さて、元旦は午前0時に弁天山にある鐘楼(しょうろう)で「除夜の鐘」が打たれます。それを合図に本堂内陣のご宝前(ほうぜん)では「新年特別祈祷」が始まり、本堂外陣では詰め掛けたご信徒の大きな歓声が湧き上がり、本堂中を震わせるほどになります。ご信徒が目を閉じて真剣に手を合わせる姿には、新たな一年に期待する祈りが伝わってきます。
  新年特別祈祷は再び元旦6時より1月7日の夕刻まで毎日営まれます。浅草寺のご祈祷はご信徒の皆さまの「お名前」と「お願いごと〔願旨(がんし)〕」を記した祈祷札をお申込みいただくもので、お札は本堂ご宝前に奉安し、僧侶が『観音経』を読経し、密教に基づくお加持作法を行うものです。ご信徒の皆さまはどうぞ本堂内陣(入口は本堂内右手側)にお上がりになり、読経中はご一緒に合掌していただきたく存じます(神社の「お祓い」などの作法はございません)。
  ご祈祷札のお申込みは「参道」や「本堂内」の受付にて承ります。遠方の方々には郵送でも受付いたしております。
  法要が修了しますと「ご祈祷札」を皆さまにお授けいたします。お札は観音さまの「分身」です。ご自宅では「お仏壇」「神棚」のほか、高所の粗末にならない所に安置して下さい。
  また、元旦から7日までは特に「開運厄除」・「愛染宝弓(あいぜんほうきゅう:縁結び・学業増進・開運)」のお札、5日には「牛玉札(ごおうふだ:火防盗難除)」を授与しております。
  お札は新年に新たなものに交換されるとよろしいでしょう。古いお札は観音さまへの感謝を込めて、境内の「古札納め所」にお納め下さい。
  またこの時期「浅草名所七福神詣で」も行われ、浅草寺では「大黒天さま」をお祀りしております。
 

除夜の鐘が、弁天堂の鐘楼にて撞かれる。 正月中、参道「仲見世」は様々な正月飾りで彩られる。 江戸時代から続く浅草寺のおみくじ。今年の運勢は?
   
多くのご信徒が一年の期待を込め、浅草寺にお参りされる。 正月1~7日に限り授与される「開運厄除札」。 正月1~7日に限り授与される
縁結び・学業増進・開運のご利益がある「愛染宝弓」。
年中行事の一覧に戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.