節分会
日程 2月節分
場所 本堂
行事日が近づきましたら、「今月のお知らせ」にて詳細をお知らせいたす予定です。
 節分とは本来、年4回ある季節の分かれ目のことをいいます。今日、節分といえば立春の前日を指すようになったのは、特にこの日に新年を祝うと同時に、厄を払っておこうとする特別な日であったためです。地方によって異なりますが、年齢の数だけ豆を食べて新年を祝う、体をこすり厄を移して四つ辻や川に捨てるなどの風習が見られます。
  また、旧暦では元旦と節分の日が近いため、もともと大晦日の習俗であった「追儺(ついな)」という鬼払いの儀式も取り入れられました。もとは宮中の行事であった追儺も、江戸時代には庶民の間に広まり、人々は大声で豆を撒(ま)いて悪鬼を払い、また間口や窓にヒイラギにイワシの頭を刺したものを吊るして魔除けとしたのです。
  ところでこの節分の行事を寺院で大規模に行ったのは浅草寺が最初で、その様子は『江戸名所図会』に見られます。
  かつては本堂において法要を行った後、本堂外陣(げじん)の柱に登った役僧が3000枚ほどの「お札」を団扇(うちわ)であおぎながら、堂内のご信徒に撒く行事でしたが、明治17年(1884)以後は禁じられてしまいました。
  現在では正午と午後2時頃に、伝法院から本堂へ一山住職と年男による練行列の後、本堂東側に用意された特設舞台から年男による豆撒きと、三大寺舞(じまい)の一つ「福聚(ふくじゅ)の舞(七福神の舞)」の奉演が行われる他、午前10時頃には浅草寺幼稚園園児による豆撒きや、夕刻には「浅草観音文化芸能人節分会」といった行事が行われます。また、かつて本堂の柱から撒かれていた「お札」と「福豆」は、ともにご希望のご信徒に境内のお守授与所で授与されております。
  ちなみに浅草寺の豆撒きでは、観音さまの前には鬼はいないということから、「鬼は外」とは唱えず、「千秋万歳(せんしゅうばんぜい)福は内」と発声いたします。
浅草寺寺舞>>
 

法要中に年男による堂内での豆撒きが行われる。 堂内に続き、本堂東側の特設舞台で豆撒きが行われる。 午前10時、本堂前にて浅草寺幼稚園園児による豆撒きが行われる。
   
特設舞台での年男による豆撒きの後、「福聚の舞(七福神の舞)」の奉演が行われる。 正月明けから節分まで除災招福の切り紙の「節分・立春札」が授与される。 ご希望のご信徒には「福豆」も授与される。
年中行事の一覧に戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.