納めの観音ご縁日
日程 12月18日
(羽子板市は12月17・18・19日)
場所 境内
行事日が近づきましたら、「今月のお知らせ」にて詳細をお知らせいたす予定です。
 毎月18日は観音さまの「ご縁日」。特に12月の「納めの観音」は一年の締めくくりとして、より多くの参拝者が訪れます。
  江戸時代、毎年12月17・18日に正月用品や縁起物を売る店が境内に集まり「歳の市」と呼ばれ、それらを毎年この市で求めることを吉例とした人々で賑わう江戸随一の市としてその名が知れ渡っていました。
  現在この「歳の市」は、「羽子板市」としてその形をとどめています。 これは羽子板でつく「おい羽根」が害虫を食べる「トンボ」に似ているため、悪い虫がつかないとか、またそのかたい「豆」(むくろじ)の部分から「魔滅(まめ)」にあてられ魔除けになる、あるいは「マメに暮らせる」などの縁起を担ぎ、江戸後期のころから女子の誕生した家に羽子板を贈る風習ができました。これによって羽子板を正月の縁起物として「歳の市」で扱う店が増えていったからだと伝えられています。
  現在では「納めの観音ご縁日」の前後も含め、12月17~19日に「羽子板市」として境内に数十軒の羽子板の露店が軒を連ねます。
  また、この日より新年の福徳を祈願した「恵比寿大黒天御影(みえい)」や「縁起小判」も授与されます。
 

12月17~19日の間、境内には約30軒の羽子板の露店が並ぶ。 羽子板の購入者への縁起の良い三本締め。 昔ながらの羽子板職人との掛け合いも楽しい市の風情。
納めの観音ご縁日1 納めの観音ご縁日2 納めの観音ご縁日
色とりどりの美しい羽根も、ご信徒の目を楽しませる。 七福神の内の恵比寿と大黒のお姿「恵比寿大黒天御影」も、この日よりご信徒に授与される。 新年の福徳が祈願された「縁起小判」も、この日よりご信徒に授与される。
年中行事の一覧に戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.