本尊示現会
日程 3月18日
場所 本堂
行事日が近づきましたら、「今月のお知らせ」にて詳細を掲載する予定です。
 「示現(じげん)」とは神仏が人々を救うため、様々な姿でこの世に現れることをいいます。浅草寺のご本尊である聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)さまが推古天皇36年(628)3月18日にご示現されたことから、それを祝い、毎年3月18日には「本尊示現会」という法要を行います。
  『浅草寺縁起』によれば、推古天皇36年3月18日の早朝、江戸浦(現在の隅田川)で、檜前浜成(ひのくまのはまなり)・竹成(たけなり)という2人の兄弟の漁師によって一躰の仏像が引きあげられました。その尊像を聖観世音菩薩と見極めたのが、土地の郷司(ごうじ)である土師中知(はじのなかとも)です。中知はこの尊像に深く帰依して自らも出家、自宅を寺と改めて観音さまの供養に生涯を捧げたといいます。
  このように聖観世音菩薩の感得、奉安には3人の人々がかかわるものでした。後にこの3人は神(あるいは仏の分身)としてまつられるところとなり、その社が三社権現(現在の浅草神社)です。明治の神仏分離以後、5月の行事に変更された「三社祭」が以前は3月18日を中心とした祭であったのも、このような由来があったからです。
  さて、当日は午後2時に本堂で「本尊示現会」の法要が執り行われますが、それに先立ち、伝法院から参道の仲見世を通り本堂まで、浅草寺の貫首をはじめ一山住職総出による練行列が行われます。他にも境内において縁起にちなむ寺舞「金龍の舞」が賑やかに奉演され、当日に限り祈祷札は「紅札(べにふだ)」と呼ばれる赤いお札が授与されます。
  また3月中~下旬に、「堂上げ」、翌日に「堂下げ」が行われます。これは平成15年(2003)に復活した行事で、浅草神社の祭神を祀った宮神輿(みやみこし)3基が本堂に一夜お籠(こも)りいただくというもので、本堂正面の階段を、総重量1トンを超える宮神輿が上り下りする様は圧巻です(日時は年によって異なります。詳細は浅草寺までお問い合わせ下さい)。


浅草寺寺舞>>
 

午後6時。松明の炎に照らされる中、宮神輿の「堂上げ」が行われる。 堂内では地元氏子町会代表と、浅草神社宮司のご参列のもと、法要が営まれる。 堂内に上げられた3基の宮神輿は、この日堂内で一夜を過ごされる。
   
ご宝前において浅草神社神職による祝詞が奏上される。 堂内で一夜を過ごされた宮神輿の「堂下げ」。 示現会に限り授与されるお札は、掛け紙の色から「紅札」とも呼ばれる。
年中行事の一覧に戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.