仏生会
日程 4月8日
場所 本堂
行事日が近づきましたら、「今月のお知らせ」にて詳細をお知らせいたす予定です。
 4月8日はお釈迦さまのご生誕を祝う「仏生会(ぶっしょうえ)」の日です。他にも「降誕会(ごうたんえ)」、「灌仏会(かんぶつえ)」、「仏誕会(ぶったんえ)」などとも呼ばれますが、現在一般には「花まつり」の名で親しく呼ばれるようになっている春の行事です。
  お釈迦さまは、今から約2500年前の4月8日、インドの北方ルンビニでご生誕されました。故事によるとお釈迦さまご誕生の際、天から九頭龍(くずりゅう)が舞い降りてきて甘露(かんろ)を灌(そそ)いだといわれています。これにちなんで、日本ではお釈迦さまの誕生仏に香水を灌ぐ儀式が行われてきましたが、江戸時代からは香水に代わって甘茶(霊水である甘露になぞらえている)を灌ぐようになりました。また、近年ではお釈迦さまがルンビニの花園で誕生したというお話から、誕生仏を花御堂(はなみどう)に安置して祝うようになりました。
  この日は10世紀後半に成立した『三宝絵詞(さんぼうえことば)』によると、仏さまをはじめ万物が生まれる日と説かれており、稲の発芽を願う農民にとっては縁起も良く、種まきの時期としても伝承されてきました。また親孝行(ことに母親に感謝)をする日としても教えられてきたものです。
  右手で天を、左手で地を指すその誕生仏のお姿は「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」というお言葉に表されるように、「この世に生きるものには皆それぞれの価値があり、尊いものである」という意味を象徴するものです。
  毎年浅草寺では本堂に「仏誕図」を掛けての法要が行われ、本堂前の参道では浅草寺幼稚園園児らの行列が白象をひいて誕生仏に参拝を行っています。
  また、参道では他に参拝のご信徒に甘茶の無料接待などが行われ、賑やかにお釈迦さまの誕生を祝う一日となります。
 

「天上天下唯我独尊」お釈迦さまご生誕時のお言葉です。 摩耶夫人(まやぶにん)は、白象の夢を見てお釈迦さまを身ごもったと言われる。 浅草寺幼稚園園児らも参列し、お釈迦さまのご生誕がお祝いされる。
本堂内の他、本堂前の参道、五重塔前の参道にも「花御堂」が設けられ、多くのご信徒により甘茶が灌がれる。 故事にちなみ甘茶の無料接待が行われる。 境内ではご信徒に生花も配られる。
年中行事の一覧に戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.